007/慰めの報酬 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< バレンタインデーチョコレート | main | 能勢妙見山 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
007/慰めの報酬


007/慰めの報酬
監督 : マーク・フォースター
出演 : ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック
製作 : 2008年 上映時間 : 106分
ストーリー
前作 「007/カジノ・ロワイヤル」 でボンド (ダニエル・クレイグ)
は愛した女性・ヴェスパーを喪う。 何故、彼女は自ら死を選んだのか?
彼女を操っていたミスター・ホワイト (イェスパー・クリステンセン)
を追及する内、背後にいる組織の存在を知る。
早速ハイチに飛び、知り合ったカミーユ (オルガ・キュリレンコ) を通じて
組織の幹部であるドミニク・グリーン (マチュー・アマルリック) に接近。
環境関連会社のCEOを務める男だが
裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいた。
ボンドは復讐心を胸に秘め、グリーンの計画阻止に動き出す。
007といえば超人的プレイボーイのボンドと LoVE シーン
が売り物の為、苦手でほとんど見た事がなかった。
ところがダニエル・クレイグFANになった友人が一緒に見に行こうと言う。
ダニエル・クレイグは嫌いではないし
かつてない程ボンドの内面が描かれているらしいし
それならまぁいいか てんてん 半ば渋々映画館へ。
「007/慰めの報酬」 は前作のエンディングの1時間後から始まっている事を
知らずに見に行ったので、唐突に始まった話にチンプンカンプン。
無闇矢鱈に敵を殺していく冷酷なボンドに少々驚きながら
ストーリーの概要がつかめたのは中盤に差し掛かってからだった。
その後はあれよあれよと展開していき
ボンドの復讐心をやっと理解出来たところで映画は終わり。
「007/慰めの報酬」 は前作を理解してから見に行く方が絶対に良い。
銀幕の世界 | 23:39 | - | -
スポンサーサイト
- | 23:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示