福岡事件 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 初詣 | main | 自由軒 カレーなる争い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
福岡事件


去年初めて中山奥ノ院まで登り、帰りは清荒神に向って降りた。
滑り易い山道を抜けると墓地と出店が並ぶ参道が見える。
その手前に句を彫った石碑があった。 Map

叫びたし 寒満月の 割れるほど

読み手の心の叫びがひしひしと聞こえ、末期の一句として記憶に残った。
しかし、この句について調べてみようと
思っている内に時は流れ、なおざりになってしまった。
それから1年、再び石碑を目のあたりにして
建立の経緯が気になり、調べた次第だ。
石碑の裏に彫ってある説明文によると
「句の作者、西武雄さんは無実を叫びながら
一九七五年 縊られて逝きました。」 と書いてある。
(糸偏に益と書いて何と読むか御存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。)
西武雄さんは宝塚市に縁りのある方?と思っていたら、それはお門違いだった。
山道を降りた所と清荒神参道の間に大林寺がある。
石碑は大林寺墓地の傍に建立されているが
住職が死刑廃止を求める運動を行なっている会のメンバーだったからだ。
そこから初めて福岡事件を知る事となった。

福岡事件
1947年 (昭和22年) 5月20日に福岡市で起きた殺人事件で
別名を福岡ヤミ商人殺人事件とも言う。
軍服の闇取引を計画していた売り手側の日本人の男性と
買い手側の中国人ブローカーが射殺され、10万円が奪われた。
7人が逮捕され、主犯とされた西武雄元死刑囚と
殺害を認めたAさんの死刑が1956年 (昭和31年) に確定。
Aさんは1975年 (昭和50年) 恩赦で無期懲役に減刑され
1989年 (平成元年) に仮釈放となった。
ところが西武雄元死刑囚はAさんが減刑された同日に刑が執行された。
事件は偶発的に発生したものであり
処刑された西武雄元死刑囚は冤罪ではなかったかと指摘されている。
西元死刑囚の遺族や強盗殺人ほう助罪で懲役5年の判決を
言い渡された男性らは2005年5月、福岡高裁に再審を請求した。

福岡事件を調べていく内に死刑廃止運動のかたつむり会に辿りついた。
死刑廃止については賛否両論がある。 
自分の意見を書くのは控えたいが、冤罪の場合は取り返しがつかない。
無念の余り、叫んでも叫び切れないだろう。
福岡事件の再審が開始されるように願っている。
戯言 | 17:12 | comments(4) | -
スポンサーサイト
- | 17:12 | - | -
コメント
「縊る」と書いて「くびる」です。
ここでは絞首刑を指しているのでしょう。

奈良に引っ越す前は池田に住んでいました。
すぐそばで起きた付属池田小の事件を思うにつけ、死刑に効果的な犯罪抑止力があるのか疑問に思ってしまいます。
| みつ | 2008/01/09 4:34 PM |
教えて下さり、ありがとうございますm(_)m
縊首 (いしゅ) は本で見た事があるのですが
「縊る」は全く分かりませんでした。

池田に住んでいらしたのですね。
付属池田小の事件については痛ましく
親の立場に立てば死刑について複雑な思いがあります。
| 理恵 | 2008/01/09 5:46 PM |
明日、事件の現地(現在、福岡市博多区堅粕1丁目 鹿児島本線の脇)へイメージの撮影に行こうと思います。
| やすのり | 2009/06/12 6:42 PM |
福岡は何度か訪れた事がありますが
事件の現地はどこか知りませんでした。
博多駅から割りと近いようですね。
| 理恵 | 2009/06/12 8:19 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示