悲劇 石切トンネル | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 祖母の思い出 | main | ディープな場所 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
悲劇 石切トンネル


甲賀ファミリーランドについて色々なサイトを読んだ。
そのついでに知った廃墟が石切トンネル=旧生駒トンネル。
数回惨劇が起こり、心霊スポットとしても有名。
石切トンネル? 石切は馴染みがあるけど、初耳です。
石切トンネル (旧生駒トンネル) とは一体何でしょうか? Map

大阪電気軌道 (現近畿日本鉄道) は国鉄に対抗する為
生駒山貫いて一直線で奈良と大阪を結ぶ必要があった。
1914年 (大正3年) 4月に全長3388mのトンネルが開通。
しかし工事の際、落盤事故等で大勢の死者が出たのと
霊山生駒山を貫通したせいで幽霊が出ると噂が・・・。

1946年 (昭和21年) 列車がトンネル内走行中に火災発生、23名死亡。
そして火災の2年後、1948年 (昭和23年) に大事故が起こる。
列車がトンネル内を走行中にブレーキが故障し
生駒山から大阪平野の下りで加速し続け
その時速は100キロ以上になっていたという。
運転手は手動ブレーキで止めようとしたが、効果はなく
大阪平野を暴走、河内花園駅で先行の各停列車に追突。
49名が死亡し、200名以上の負傷者を出す大惨事となってしまった。



惨劇が相次いで起ったから 「心霊スポット」 の噂が立ったのでしょう。
有名サイトに 『トンネルの中から鳴き声が聞こえる
と騒ぎがあり、警察まで出動したことがある。』
と書いてあるけど、これはガセネタかも。
当時の模様をよく知る方に伺ったところ
「少年たちがトンネル内で騒いでいる。」 という通報があり
警察官が行ってみると少年たちが集まって騒いでいたいうのが本当。
心霊スポットは噂が先走りして余り信用出来ません。



1964年 (昭和39年) 新トンネル開通に従い、旧生駒トンネルは廃止。
ホームは当時のまま残されています。
此処を列車が猛スピードで駆け抜けた時、乗客はどんな思いだったのか。
夕陽に照らされた線路跡は空へ続いているように見えました。
犠牲者のご冥福をお祈りします。
廃線を行く | 14:10 | comments(10) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 14:10 | - | -
コメント
以前、石切から徒歩10分の日下町に住んでたので
石切の旧トンネルは知ってますけど、悲惨な事故
のことまで知らなかったです。いや〜驚きました!
なんか不気味な感じがしたな〜(笑)
霊感ある人は何か感じるかもしれませんね。
私は霊感ないからな〜晩に行ってギャーギャー、
恐怖に感じるのを体感してみたいです!
(ほんとに恐かったりして)
| さや | 2006/06/05 9:06 PM |
石切トンネルを以前から知っているとは羨ましい!?です。
知ったのはついこの間、そして悲惨な事故を知り驚きました。
調べていると色んなドラマ(ノンフィクション)があるようです。
トンネル火災事故で奈良側に逃げたか
大阪側に逃げたかで生死が分かれました。
暴走事故の時は、乗客と乗務員が協力し合ったから
被害を最小限に抑えられたらしいです。

私も霊感がないから、夜に行っても大丈夫かな。
噂だけで実際見たという方はいないようですね。
| 理恵 | 2006/06/05 10:17 PM |
おはようございます。廃墟の記事見ながらちょっと野次馬的ですが関東の(神奈川)廃墟で検索してみました。かなりたくさんヒットしましたがほとんどは場所を特定されていませんでした。面白半分で行く人がいるんでしょうね。ところで今はまだ残っているか不明なのですが、京都で働いていた頃、年に何回か研修及び慰安(笑)を兼ねて琵琶湖方面のホテルに出かけていました。途中いつも通る道に廃墟となったホテルがありそこの横を通るたびに中に入ってみてみたいという好奇心に駆られたものでした。もう20年以上前のことです。
| ねこ | 2006/06/06 9:03 AM |
おはようございます。
関東は廃墟が多いようでちょっと羨ましい!?
石切トンネル(日下駅)廻りに柵はありますが
中へ入れるように歩道が設けられています。
数年前はトンネル内に入れたようだけど、今は扉と監視カメラ付。
マナーの悪い人がいたからでしょうね。

琵琶湖に有名な廃墟ホテルがあったと聞きました。
平成4年に壊されたそうです、残念。
| 理恵 | 2006/06/06 10:10 AM |
東大阪市のハイキングガイドに「旧生駒トンネル」とあったので、石切さんに詣でた折にナ〜ンも知らんと探しに行きました。で、いつ廃止されたのか調べているうちに理恵さんの1年前の記事にたどり着きました。そんなことがあったんですね。廃墟や遺跡にぼんやり立って、此処で何があっんかいなぁ・・・とぼんやり考えるのが大好き人間。なくなられた方たちには申し訳ないのですが、人が生きて戦って産み出して失敗して成功して・・・そんな歴史の結果として今がある。そんなこと少しずつ知りたいのでウロウロ歩き回っています。情報ありうがとうございました。
| TAA | 2007/10/21 10:37 PM |
石切は子供の頃から度々訪れていましたし
何度か訪れた友人の家は旧生駒トンネルの近くなのに
トンネルについて知ったのは最近です。
TAAさんのブログを拝見しました。興味深い記事が多く
これからもお邪魔したいと思いますので、よろしくお願い致します。
| 理恵 | 2007/10/21 11:48 PM |
この「旧生駒トンネル」は今でも現役トンネルですよ、今はけいはんな線の保守用通路兼非常用通路として使用されています。夜間に保守用の自動車が出入りしていますので、心霊スポットと言うのは単なる都市伝説でしかありませんよ。
| のんまると | 2011/06/28 10:36 PM |
旧生駒トンネルの半分は「けいはんな線」で利用されていると
どこかで読んだ覚えがあります(曖昧ですみません)
心霊スポットというのは都市伝説なんですね。
| 理恵 | 2011/06/28 10:50 PM |
近鉄(大軌)が生駒にトンネルを掘ることにしたのは国鉄云々ではなくて大阪と奈良を最短距離で結ぶ為でした。建設中に落盤事故が発生して25名が殉職されたのは事実です。しかし昭和21・23年(たしか25年にもあったはず)は霊の仕業ではなくただ整備が出来なくて発生した物と考えられます。昭和20年〜25年には各地で同様のトラブルが発生しています。すでに引退していた車両や引退直前の老朽車を使用しなくてはならず、部品の欠如で整備もままならない戦後の混乱期に発生した事故といえるでしょう。
| のんまると | 2011/09/02 12:04 AM |
のんまると様
3ヶ月以上も経ってからコメントを頂いた事に気が付き
申し訳ありませんでした(汗
心霊スポットやら霊の仕業やらと言われていますが
戦後の混乱期で整備がままならない為
起こった事故なのですね。
そういえば今夏、近鉄はお盆の時期に生駒トンネル見学会を催していました。
| 理恵 | 2011/12/26 4:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iai1016.jugem.jp/trackback/279
トラックバック
石切駅すぐ旧生駒トンネル(東大阪市)
石切さん(石切劔箭神社)にお参りついでに、東大阪市のハイキングガイドにあった「旧
| TAAさんお散歩デジカメすけっちぶっく | 2007/10/21 11:19 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示