真田丸 第10回「妙手」 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 真田丸 第9回「駆引」 | main | 真田丸 第11回「祝言」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
真田丸 第10回「妙手」


徳川家康(内野聖陽)についた
真田昌幸(草刈正雄)は徳川と北条の和睦に戸惑う。
このままでは信濃を徳川と北条で分け合う形となってしまい
真田は領地を奪われることになる。
そこで真田信繁(堺雅人)と真田信幸(大泉洋)は
浜松城に乗り込み真田の為に新たに城を作ることを要求。
しかし、家康は沼田城を北条に差し出せと言い出す。
一方、梅(黒木華)から「子供が出来た」と
嬉しい知らせを聞いた信繁は奮起する。
苦境に陥った真田を救うため、一度は裏切った
上杉景勝(遠藤憲一)の心を動かすべく春日山城へと向かう。
信繁は直江兼続 (村上新悟)の「切り捨てよ!」
という命により槍を持った兵に囲まれる。すわ信繁窮地びっくり
信繁はこの難局をどう乗り切るのか!? 今回一番の見せ場である。
ところが期待に反して描き方が軽い。
槍を持った大勢の兵に囲まれ命を落とす寸前に笑っている信繁は
肝が据わっているとも言えるが、やはり不自然だ。
じりじりと兵に詰め寄られ死を覚悟した信繁は
突如槍を素手で持ち「あいや待たれよ」と見得を切った後、
とうとうと口上を述べる、というのはどうだろう。
歌舞伎じゃないんだから大袈裟な演出を不必要と分かっているが、
時代劇である以上、ある程度の様式美は必要だと思う。
真田丸は確かに面白いけれど、半沢直樹のように一発逆転、
決めるところは決めるようにすれば
もっと見る者の心を引き付けるのではないだろうか。
16年大河 真田丸 | 15:57 | - | -
スポンサーサイト
- | 15:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示