真田丸 第9回「駆引」 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 真田丸 第8回「調略」 | main | 真田丸 第10回「妙手」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
真田丸 第9回「駆引」


北条は信濃での上杉との戦いを避け、
甲府へ侵攻した徳川家康(内野聖陽)に襲い掛かった。
窮地に陥った家康は本多正信(近藤正臣)の進言により
真田昌幸(草刈正雄)を味方につける策を思いつく。
北条・上杉を信濃から撤退させる事に成功した昌幸だが、
自ら大名になるべきか国衆による独立国家を作るべきか悩んでいた。
一方で真田信繁(堺雅人)は父・昌幸の手段を選ばない方法に
割り切れない思いを抱いていた。
思い悩み空を見上げる信繁の憂いを含んだ表情は美しい。
やっと堺さん(信繁)の見せ場がやってきた。
ツイッターで信繁が活躍出来る時は最期の1年だけ、セミの一生と同じ
と呟いている方がいらっしゃって上手い事を仰ると感心した。
しかし、その通りでは余りにも悲しい。
ドラマが面白ければ良いではないかという御意見が多々あるけれど、
信繁活躍の場が多いに越したことはない。
その点、第9回「駆引」は今までに比べるとそれが多かった。
春日信達の悲劇を悔やみ苦悩する信繁、
梅(黒木華)と思いが通いほくそ笑む信繁ハート
徳川と手を結び北条と戦う為の軍議の席で
北条軍の補給路を絶つという作戦を進言して注目を集める格好良い信繁、
やはりこうでなくっちゃ、主役なんだから。
とんとん拍子で話が進むと思いきや、北条と徳川は和睦。
信濃と上野を北条と徳川で分け合うことになった。
真田の立場は一体どうなる!?
真田領(沼田)の問題は後の上田合戦に発展していく。

大河「真田丸」信繁役の堺雅人さん「上田合戦、楽しんで」
16年大河 真田丸 | 14:31 | - | -
スポンサーサイト
- | 14:31 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示