真田丸 第7回「奪回」 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 真田丸 第6回「迷走」 | main | 真田丸はどこにあったのか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
真田丸 第7回「奪回」


本能寺の変後、北条軍と戦い敗れた
滝川一益(段田安則)は箕輪城に退却する。
その隙に真田昌幸(草刈正雄)は沼田・岩櫃城を奪い返す。
しかし、一益に人質に取られていたとり(草笛光子)は
岩櫃城におらず、箕輪城に連れ去れていた。
真田信繁(堺雅人)はとり、きり(長澤まさみ)を救出する為、
伊勢へ向かう一益が途中立ち寄った小諸城に潜入。
信繁は一計を案じ、きりたちを救出しようと懸命になるが、
その寸前で失敗に終わってしまう…
ミッションインポッシブルさながら手に汗を握る脱出劇の最中、
あろうことかきりは信繁から貰った櫛を忘れたと取りに戻る。
堺さん扮する信繁の一挙一動に緊迫感が漂い、
ハラハラドキドキしたこの場面ドキドキ
ところが有り得ないきりの呑気な行いに苛立たしく思ったけれど、
思い返してみれば信繁からプレゼントされた櫛を
後生大事に持っていたきりの可愛げが見え隠れして微笑ましい。
しかし、信繁に対して「お松様もこの人のせいで死んじゃったんです」
と言いたい放題のきりは頂けない。
これが戦国のヤンキーと言われる所以か!?

滝川一益が伊勢へ向かう途中に木曽を通らなければならないが、
国衆・木曽義昌(石井愃一)はそれを拒否。
木曽義昌は武田勝頼の義弟だったが、織田に内通し、
そのせいで家族を殺害されており武田に恨みを抱いていた。
義昌は信濃を治める為の駒として信繁ら人質を利用しようとしていた。
一益は木曽を通る引き換えに信繁らを義昌に引き渡すが、
とりは義昌の子供の頃を知っており、
それを引き合いに出して信繁1人を帰すよう交渉する。
真田の里に1人で戻った信繁は昌幸に「感に頼り過ぎる」と
とりを連れ戻せなかった事を叱る。
真面目な信幸(大泉洋)と感に頼り過ぎるが
面白い行動をする信繁は2人で1人と言い放つ昌幸。
その一方で忠誠を誓った上杉影勝(遠藤憲一)
の家臣である春日信達(前川泰之)への調略を命じる。
謀略は乱世の常とはいえ、誠実な滝川一益に対して嘘を重ね、
謙信公から義を受け継いだ上杉景勝を裏切り、
調略によって落とした上杉家臣・春日信達を
北条への手土産にする算段の昌幸が悪人に思えてきた。
策略を駆使して戦国を生き抜いてきた割には名を残さなかった昌幸と
大坂夏の陣の前に徳川家康から十万石の対価で誘われたが、
それを断り義を貫いて名を残した信繁。
そこに大きな違いがある。が、気になるのは
真田丸“信繁の人生を変える”前川泰之を直撃!という記事だ。
春日信達の裏切りとその結末は信繁の人生に大きな影響を与えるという。
来週の真田丸 調略はどのような展開を見せるのか楽しみでならない。
16年大河 真田丸 | 17:22 | - | -
スポンサーサイト
- | 17:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示