軽井沢としなの鉄道の旅 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< 16年大河「真田丸」キャスト発表 | main | 「真田丸」ロケが上田市でクランクイン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
軽井沢としなの鉄道の旅


8月2日(日)
軽井沢 バス 横川 歩く 熊ノ平駅跡 歩く 横川 バス 軽井沢 電車 上田

去年、2016年の大河ドラマは堺さん主演で「真田丸」が放送と
分かってから真田信繁(幸村)について調べたところ、
真田の赤備えをイメージして製造した列車 ろくもん
軽井沢か長野まで運行している事を知った。
ろくもんに乗る為に軽井沢へ行ってみたいびっくり
その他に彼の地へ行きたい理由はもう1つあった。
10年前、バス旅行で軽井沢に行った時は綺麗なカフェでお茶を飲み、
ジョン・レノンが贔屓にしたフランスベーカリーでパンを買って
優雅な一時を過ごした…と言いたいところだが、
如何せん団体旅行の為に軽井沢滞在はわずか1時間半で慌しかった。
いつかまた軽井沢へ行こうと思ったが、
大阪から行くには時間も交通費もかなり掛かる。
そんな訳で諦めていたけれど、最近になって駅前から軽井沢まで
夜行バスが運行されていると知った。
今夏の旅行は大阪から夜行バスで軽井沢まで行き、
その後はしなの鉄道と青春18きっぷで旅することになった。

私は軽井沢で夕方までゆっくり過ごすつもりだったが、
夫は信越本線・横川駅−軽井沢駅間(明治26年〜昭和38年)の廃線跡
アプトの道 にある めがね橋 を見たいと言う。
軽井沢からバスに乗り横川へ行き、
そこからアプトの道を往復すると半日は潰れてしまう。
そんな事をすれば軽井沢滞在はたった1時間半、前回と同じではないか。
しかし、廃線跡見学は捨てがたく夫の提案を受け入れるしかなかった。



軽井沢駅前からJRバスに乗って横川駅へ向かう。
横川駅から熊ノ平駅(廃駅)まで往復すると4時間掛かる上に
その日の横川周辺の気温は37℃。
トンネルに入ると涼しいが、歩くと汗が滴り落ちた。
1時間半歩き今日のお目当ての めがね橋 に到着。
めがね橋は明治25年に完成した日本最大の煉瓦づくりアーチ橋で
新線開通に伴い昭和38年に廃線となった後、国の重要文化財に指定された。



めがね橋から更に30分歩くと熊ノ平駅がある。
熊ノ平は昭和41年に駅から信号場に降格したという歴史を持つ。



熊ノ平駅から廃線跡を1時間半歩いて横川駅に戻ったが、
太陽が道を照りつけ靴の底が熱くなる程だった。



横川駅でかつて「日本随一の人気駅弁」
と評された事がある 峠の釜飯 を頂く。
軽井沢行きバスの発車時刻が迫っていた為、
猛暑の中ベンチに座り汗だくになって食べる羽目になった。



軽井沢駅から循環バスに乗り私が一番行きたかった
旧軽井沢メインストリート
へ。
ところが行ってみて落胆した。
10年前の優雅な雰囲気はどこへやら、嵐山メインストリートのような
雑然とした町並みに様変わりしていた。
軽井沢は様々な見所があり、短時間でその魅力を味わうのは難しい。



軽井沢から しなの鉄道 ろくもんに乗って上田へ向かった。
ろくもん は真田幸村の赤備えをイメージした観光列車で
ゴールドで描いた六文銭が印象的である。



外観と内装のデザインはJR九州「ななつ星 in 九州」を手がけた
水戸岡鋭治さんが担当したという。
道理でろくもんの車内が豪華なわけだ。
車内販売のブルーベリージュースを飲みながら
贅沢な一時を楽しもう思ったが、
アプトの道ハイキングで大量の汗をかいた体にはジュース1本で足りず、
朦朧としながら外の景色を眺めていた。
遠くへ行きたい | 15:54 | - | -
スポンサーサイト
- | 15:54 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示