Dr.倫太郎 第2話 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

<< Dr.倫太郎 第1話 | main | お口にチャック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Dr.倫太郎 第2話


Dr.倫太郎 1話の感想で脚本を暗に批判したが、中園ミホさんの
代表作である「花子とアン」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」
はじめとして何一つ見た事がない。
中園ミホさんはどのような脚本家なのか知らない癖に批判するのは
間違っていると思い、ドラマ通の友人に彼女の作品について尋ねた。
「20年くらい前はドロドロの不倫物ばかり書いていた人やわ。
本人も不倫して未婚の母やからそんなドラマが得意やねん。
そんな人が倫太郎の脚本を書くなんて意外やったわ。」
知らない方が良かった情報を友人は私に与えてくれて
中園ミホさんに対する印象は悪くなるばかり。
友人の情報を無視して調べてみたところ、
女性の本音を赤裸々に描いて高い評価を受けてきた方らしい。
もしかして男性が主人公のドラマの脚本は初めてなんだろうか。
それが「Dr.倫太郎」を見てもどかしく感じる理由かもしれない。
いや、脚本がいまひとつでも堺さんさえ良ければ満足していた。
「Dr.倫太郎」に満足出来ない理由は
堺さんの演技に迷いがある為ではないか。
名優の誉れ高い堺さんの演技についてお前如きが何を言うのか怒り
とお叱りを受けるのを承知で言う。
倫太郎のキャラクターが定まっていないせいか、
堺さんの演技には迷いがある。
患者の心に寄り添う心優しき精神科医と思えば
ちらほらと古美門が顔を出す。
どっちともつかずのキャラクター、それはやはり脚本の悪さに原因がある。

 ハートストーリー
 倫太郎(堺雅人)は研修医の福原(高橋一生)から
 対話精神療法のロールプレイングを依頼されるが、
 それは川上(高梨臨)に対する恋愛相談だった。
 その最中、「恋愛は一過性の精神疾患のようなもの」
 と言い夢乃のことを思い出す。
 ある日、倫太郎は円能寺(小日向文世)から
 最新作が酷評され精神不安定になっている
 有名作家の風間(辻萬長)を紹介される。
 料亭で風間と会っている最中、彼を長年支えてきた
 秘書のむつみ(堀内敬子)に対し「むつみにそっくりな別人だ」
 と言って暴れ出し、負傷して慧南病院へ運ばれる。
 宮川(長塚圭史)は風間の症状について妄想型統合失調症だと
 診断するが、倫太郎は宮川の診断に異論を唱え
 風間の話を聞きに行く。
 最新作の主人公はムササビに恋をする。
 ムササビはまだいるかと尋ねる倫太郎に
 風間は「今はもう見えない」と答える。
 一方、倫太郎は夢乃(蒼井優)からデートに誘われる。
 デートの最中にるり子(高畑淳子)から金の無心をされた
 夢乃は倫太郎に父親の手術に300万円が必要だと嘘をつく。
 倫太郎はお金は自分がなんとかするからと告げ、
 300万円を30回に分けてATMから振り込む。
 入院中、腹痛を訴えた風間の胃を調べたところ指輪が見つかる。
 風間の胃にある指輪はむつみにプレゼントした物だった。
 倫太郎は秘書のむつみ(堀内敬子)を呼び、
 むつみに風間の前で柿ピーナッツを食べるように促す。
 むつみがピーナツアレルギーと知っている風間は
 動揺し食べないように懇願する。
 風間は彼女が本物である事を分かっていた。
 風間にとってのムササビは15年間にわたり
 創作を支え続けてくれたむつみのことだった。


作家の風間が長年支えてくれた秘書のむつみをムササビに例えて
心密かに愛していたくだりは心温まる話で素敵だ。
しかし、倫太郎が病気の原因を探るため
風間やむつみと話し合う場面はあっさりと終わってしまった。
恋愛ドラマ、医療ドラマ、コメディ、
2つも3つも成り立たせるには無理がある。
倫太郎と夢乃の恋愛話は程々にして患者と対話する場面を増やせば
ドラマに厚みが出て面白くなると思う。
堺さんをはじめとして演技力ある素晴らしい俳優陣の見せ場が少なく
このままでは勿体ないことこの上ない。
sakai | 01:39 | - | -
スポンサーサイト
- | 01:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示