銀幕の世界 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
探偵はBARにいる2
 探偵はBARにいる2
 監督:橋本一 脚本:古沢良太、須藤泰司
 出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子
 ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ
 製作年:2013年 上映時間:119分
  ストーリー
 札幌ススキノ。探偵(大泉洋)行きつけの
 ショーパブの従業員で友達のオカマの
 マサコ(ゴリ)が殺害された。マサコは
 手品が得意で、マジックコンテスト
 の全国大会に出場。二日前にその祝賀会を
探偵の相棒・高田(松田龍平)や仲間の皆で祝ったばかりだった。
真相解明の為、聞き込みを開始した探偵は事件の背後に道内で
カリスマ的人気を誇る反原発派の政治家・橡脇(とちわき)孝一郎
(渡部篤郎)が絡んでいることを突き止める。
捜査中の探偵に接近してきたのはバイオリニストの河島弓子(尾野真千子)。
生前、親交があったマサコ殺しの犯人を自力で捕まえると息巻く弓子を
自分の依頼人となるよう説得し、行動を共にするが、
弓子のとんでもない本性に振り回され、
探偵たちは物騒な集団から追われる羽目になる。
探偵たちはマサコが弟のように可愛がり、
事件の鍵を握るトオルを追って室蘭へ。
事件は単なるオカマの殺人事件だけではなく、
複雑な闇をはらんでいることが、徐々に明らかになっていくてんてん

レビュー
さすがにこれはてんてんダメだろ!
上の台詞はエレベーター内で気を失った河島弓子(尾野真千子)を前にして
ズボンを下ろした探偵(大泉洋)を見て発した高田(松田龍平)の言葉だが、
まるで映画に対するダメ出しのようである。
第1作を見て面白かったので、脚本は誰かと思えば古沢良太氏だった。
それならば第2作も面白いだろうと期待して見に行ったが、さにあらず。
期待し過ぎた私が悪いのかもしれないが。
まずマサコ殺しの犯人が意外を通り越して滅茶苦茶。
犯人が分かってからは映画に入り込めなかった。
想像がつかない意外性を狙ったかもしれないが、
あれが犯人ではマサコ殺害の黒幕はずだった
橡脇孝一郎(渡部篤郎)が登場する意味がない。
橡脇孝一郎が登場する意味があるとすれば彼が反原発という事だ。
探偵が白マスク集団に襲われるが、集団の正体は
反原発派の政治家・橡脇孝一郎を支持する市民たちだった。
反原発を訴えたいがため橡脇孝一郎を登場させたようなものだ。
それが悪いとは言わないが、
アクション娯楽映画に社会問題はいらないだろう。
シリーズ化を望んでいただけに今回の出来は残念がっかり
銀幕の世界 | 22:41 | - | -
まとめて映画レビュー Part 3
 ツーリスト ★ ★ ★ ☆ ☆
 【イタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク
 (ジョニー・デップ) はベネチアに向かう
 列車内で見知らぬ美女エリーズ
 (アンジェリーナ・ジョリー) に
 声をかけられる。戸惑うフランクをよそに
 エリーズはフランクをヴェネチアの
高級ホテルに誘う。しかし、それは巧妙に仕組まれた罠だった。】
アンジェリーナ・ジョリーとヴェニスの美しさを楽しむ為の映画
であってジョニー・デップ目的で見に行くと期待外れである。
目立つアクションも無く、展開に少々無理があり
2大スター共演と制作費が勿体ない作品。

 ヒア アフター ★ ★ ☆ ☆ ☆
 【パリで活躍するジャーナリストのマリー
 (セシル・ドゥ・フランス)は恋人と一緒に
 休暇で訪れていた東南アジアで
 津波に遭遇。 波に飲まれたが
 九死に一生を得る。帰国後、津波に飲まれ
 呼吸が停止した時に見た不思議な光景を
 忘れることが出来ず、仕事が手に
つかなくなってしまう。 暫く休暇を取ることになったマリーは
自分が見たビジョンが何だったのかを突き止めようと調査を開始する。
一方、サンフランシスコでは、かつて霊能者として活躍したものの
死者との対話に疲れきったジョージ (マット・デイモン)
が過去を隠して工場で働いていた。】
スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を担当し
クリント・イーストウッドの最新作 「ヒア アフター」 は死を
モチーフにした作品なので、死後の世界を深く掘り下げているのか?
と思いきや、ラストはジョージとマリーが出会いニッコリ笑ってハイ終わり。
作中に津波の描写があり、東日本大震災の事を鑑みて打ち切りなったが
それを同情する気になれない駄作だった。

 SP 革命編 ★ ★ ☆ ☆ ☆
 【官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。
 死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係の
 メンバーたちは通常任務に就いていた。
 井上 (岡田准一) は尾形 (堤真一)
 への不信感を募らせていた。
 一方、与党幹事長の伊達 (香川照之)
 やキャリア官僚らと接触する尾形の動き
を探るべく、公安の田中 (野間口徹) は調査を進める。】
フジテレビ系の連続ドラマを映画化し、東宝が配給したお手軽作品なので
ドラマを見ていないと背景が全く分からず、不親切極まりない。
この手の作品は二度と見るまいと肝に銘じた。

 ザ・ライト −エクソシストの真実−
 ★ ★ ★ ☆ ☆
 【アメリカ人神学生マイケル
 (コリン・オドナヒュー)は恩師の勧めで
 バチカンのエクソシスト養成講座を受講。
 やがて彼は異端だが、一流のエクソシスト
 ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)
の悪魔払いを手伝うことに。 悪魔の存在を疑うマイケルだったが
ある少女の儀式に立ち会った際
そんな思いを打ち砕くような出来事に遭遇する。】
初めて悪魔払いを見たマイケルに対し、ルーカス神父が
「緑のゲロを吐いたり首が回ったりすると思ったか?」
と言う台詞から伺えるように神学生がエクソシストになるまでの
成長過程を描いた真面目な作品。
首がグルグル回るホラーと思って見に行った私は肩透かしを食らったが
退屈せず、最後まで楽しめた。
エクソシストはバチカン公認の正式な職業である事を知って吃驚。

 英国王のスピーチ ★ ★ ★ ☆ ☆
 【ジョージ6世 (コリン・ファース) は
 幼い頃から吃音というコンプレックスを
 抱えていた為、人前に出ることを嫌う
 内気な性格となり自分に自信が持てない。
 厳格な父はそんな息子を許さず
 様々な式典のスピーチを容赦なく命じる。
ジョージは妻のエリザベス (ヘレナ・ボナム=カーター) に付き添われ
何人もの言語聴覚士を訪ねるが一向に改善しない。
或る日、エリザベスはスピーチ矯正の専門家
ライオネル (ジェフリー・ラッシュ) のもとへ夫を連れていく。】
アカデミー賞・作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞
の4冠に輝いた作品なので期待大で見に行ったが
展開が単調だから途中で睡魔に襲われた。
主演コリン・ファースの上手く喋ろうとすればする程
吃音が出る演技は真に迫っていて素晴らしい。

 阪急電車 ★ ★ ★ ★ ☆
 【宝塚市の宝塚駅から西宮市の今津駅迄を
 結ぶ片道15分の阪急今津線を舞台に
 婚約中の恋人を後輩社員に奪われたOL
 (中谷美紀)、恋人のDVに悩む女子大生
 (戸田恵梨香)、息子夫婦との関係が
 ぎくしゃくしている老婦人 (宮本信子)
 達が様々な人生を繰り広げていく。】
子供の頃から結婚するまで宝塚ファンだった私は
何度胸ときめかせながら今津線に乗ったことか。
そんな思いを胸にこの作品を見たものだから懐かしく涙がこぼれた。
最初見ず知らずだった人達が最後には繋がっていくストーリーは秀逸。

 岳 −ガク− ★ ★ ★ ☆ ☆
 【北アルプス山系には誰よりも
 山を愛する島崎三歩 (小栗旬) がいた。
 世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は
 山岳救助ボランティアとして登山者達
 の命を守っている。 三歩が暮らす
 北アルプスに北部警察署山岳救助隊に
配属されたばかりの椎名久美 (長澤まさみ) がやってくる。
久美は同じ山岳救助隊の隊長・野田正人 (佐々木蔵之介) や三歩の指導の下
過酷な訓練を乗り越え新人女性隊員として確実に成長していく。】
原作コミックのファンだから期待して見ると痛い目に遭うと
覚悟していたが、全くその通りだった。
雄大な北アルプス連峰の空撮には感動したけれど。
三歩は山バカだけど、正真正銘のバカではない。
しかし、小栗旬演じる三歩は××足らずか××遅れに見えてしまう。
大人の事情があるのか、三歩より久美が主役のようで
まさしく長澤まさみ崖っぷち脱出映画の様相を呈していた。
銀幕の世界 | 17:52 | - | -
サムライ・シネマ
この秋から冬にかけ映画業界は時代劇が目白押し。
そうした中、時代劇をアピールする為
サムライ・シネマ キャンペーン が5社共同で展開中。
それに乗せられた訳ではないけれど、偶々連続して時代劇映画を鑑賞した。
( ちょんまげぷりん、必死剣鳥刺し、十三人の刺客、雷桜、最後の忠臣蔵 )
「ちょんまげぷりん」 は現代劇だが
江戸時代の侍が登場するという事で時代劇扱いになった次第である。
続きを読む >>
銀幕の世界 | 23:38 | - | -
まとめて映画レビュー Part 2
 第9地区  ★ ★ ★ ☆ ☆
 今年アカデミー賞作品賞にノミネートされ
 エイリアンが難民として受け入れられると
 いう斬新なストーリーを元にエイリアンと
 人間の関係を描き出した作品である。
 弟9地区に収容されたエイリアンは
武力、科学力共に人間より勝っているにも関わらず、大人しく従っている様は
ホロコーストを思い起こす。 ドキュメンタリータッチの映像は面白かったが
一部グロテスクな場面があり吐きそうになってしまったので星3つ。

 シャッターアイランド  ★ ★ ★ ☆ ☆
 1954年、ボストン沖の四方を海に囲まれた
 完全防備体制の精神病院から1人の女性が
 行方不明になった。そこに連邦政府の
 保安官2人が捜査にやってくる てんてん
 難解なストーリーだと聞いていたが
 冒頭の場面、連邦保安官の
テディ・ダニエルズ (レオナルド・ディカプリオ) が島へ向かう
船上のシーンを見た時、もしかしてデカプーの夢オチ (妄想)はてな
と気付く程、安直な作品だった。

 ウルフマン  ★ ★ ★ ☆ ☆
 舞台俳優のローレンス
 (ベニチオ・デル・トロ)は兄ベンが
 行方不明になったと知り、実家の城に
 帰ってきたところ、到着早々無残に
 引き裂かれたベンの死体が発見される。
 自ら犯人捜査に乗り出すローレンスだが
謎の狼男に襲われ自らもウルフマンになってしまう てんてん
という「狼男の殺人」 のリメイク作品。  
ベニチオ・デル・トロそして父親役のアンソニー・ホプキンスの演技は
素晴らしかったが、古臭さは否めない。

 のだめカンタービレ 最終楽章後編
 ★ ★ ★ ☆ ☆
 フジテレビの大ヒットドラマの映画化だが
 私はドラマを一度も見た事がなく
 原作も読んだ事がない。それなのに見る気
 になったのはレビューの評価が
 高かったのと愛読しているブログで大絶賛
していたからだ。 それにクラシックが好きなので
劇中に流れる音楽に惹かれ、見に行ったけど大後悔。
評価が高いのは 「のだめカンタービレ」 ファンによるものだった。
かろうじて良かったのは水川あさみのヴァイオリン演奏姿と
のだめのファッションだけである。 スクリーンで見る作品ではない、TVで十分。

315x210.jpg 孤高のメス  ★ ★ ★ ★ ☆
 大学病院に依存しなければ運営する事
 が出来ない地方の市民病院で当麻
 (堤真一) は己の信念を曲げることなく
 次々と困難なオペを成功させていく。
 そんな最中市長が病に倒れる。救う術は
 肝臓移植しかなく、それは法律的に
タブーとされていた。 そこで当麻が下した決断は てんてん
20年前の臓器移植手術がテーマだが、その他に医師不足
手術ミス、地域医療など今現在も解決出来ていない問題を描いた良作。
派手な演出はなく淡々と進んで行くが
中盤に母親が息子を亡くす場面があり涙が止まらず困ってしまった。
銀幕の世界 | 23:53 | - | -
まとめて映画レビュー
  ">アバター  ★ ★ ★ ★ ☆
 予告編で流れた半魚人顔が不気味で
 見に行くのを躊躇っていたけれど
 評価の高さに惹かれて映画館へ。
 美しいと評判の3D映像だが 
 私が見に行った映画館は残念ながら
2D上映だった。 そんな訳で映像の話題は横に置いといて。
機械文明と結びついた人類と自然との闘い、共存というテーマは面白いが
かつてどこかで見た覚えが てんてん 
夫は 「天空の城ラピュタ」 「もののけ姫」 のパクリだと言う。
パクリとは由々しき問題だびっくり と思っていたら
キャメロン監督がインタビューで 宮崎アニメにオマージュ と述べていた。
物には言い様があるもんだと感心。

 ゴールデンスランバー  ★ ★ ★ ★ ☆
 凱旋パレード中の首相の暗殺者に
 仕立て上げられた主人公・青柳(堺雅人)
 は大学時代の友人達に助けられながら
 逃亡を続けるというストーリーだが
 真犯人が捕まり冤罪が晴れる訳でも
ないので、後味が悪くすっきりしない。 しかし、主人公の口癖
「人間の最大の武器は人を信頼することだ。」 という言葉が印象的で
逃亡劇よりもヒューマントラマとして見る方が楽しめるかもはてな

 ラブリーボーン  ★ ★ ☆ ☆ ☆
 「ロード・オブ・ザ・リング」 の
 ピター・ジャクソン監督作品にも関わらず
 駄作だと聞いていたが、噂にたがわず 
 その通りだった。 ラストの後味の悪さは
 「ゴールデンスランバー」 以上である。

 サロゲート  ★ ★ ★ ☆ ☆
 アメリカでの興行成績が悪かったと
 知りつつ、期待せずに見たせいか
 さほど酷い出来だと思わなかった。
 近未来、安全の為に人類の98%は
 自らの身代わりになるロボットの
サローゲートを日常生活に使用していたが、 殺人事件が起こり
ロボットが破壊されただけでなく持ち主までが変死してしまう てんてん
という設定は面白いのに迫力不足だったのは残念。
銀幕の世界 | 11:02 | - | -
沈まぬ太陽


沈まぬ太陽
監督 : 若松節朗 原作 : 山崎豊子
出演者 : 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二
香川照之、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、小林稔侍、加藤剛
製作 : 2009年 上映時間 : 202分
ストーリー
昭和30年代、国民航空の労働組合委員長を務める恩地元 (渡辺謙)
は職場環境の改善を会社側へ訴えていたが
その結果、彼を待っていたのは会社からの海外赴任命令だった。
恩地はパキスタン、イラン、そして路線の就航もないケニアへと赴任。
会社は帰国をちらつかせながら恩地に組合からの脱退を迫った。
それを横目に同期の行天四郎 (三浦友和) は早々に組合を抜け
エリートコースを歩み始める。
行天の裏切り、更に妻・りつ子 (鈴木京香) ら家族との
長年に渡る離れ離れの生活が、恩地を次第に追いつめていく。
10年に及ぶ不遇な海外勤務に耐え
本社へ復帰を果たしたものの、恩地への待遇が変わることはなかった。
そんな中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こり
遺族係を命ぜられた恩地は悲劇に直面し、苦悩する。
墜落は、起こるべくして起きた事故だったのか。
政府は組織の建て直しを図るべく
新会長に国見正之 (石坂浩二) の就任を要請。
恩地は新設された会長室の室長に抜擢されるが てんてん
続きを読む >>
銀幕の世界 | 09:37 | - | -
エヴァンゲリヲン新劇場版:破
 エヴァンゲリヲン新劇場版:破
 監督 : 摩砂雪 、鶴巻和哉
 原作、脚本 : 庵野秀明
 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子
 坂本真綾、三石琴乃、山口由里子
 立木文彦、山寺宏一、立木文彦
 製作 : 2009年 上映時間 : 108分
  ストーリー
 第3新東京市の郊外。 
 碇シンジ (緒方恵美) は
 葛城ミサト (三石琴乃) の手引きで
 父の碇ゲンドウ (立木文彦)
と共に母ユイの墓参に出掛ける。 その帰路途中、彼らは使徒と戦う
エヴァ弐号機パイロットの式波・アスカ・ラングレー (宮村優子) と出逢う。
その一方で第3使徒がネルフの北極施設に出現。
真希波・マリ・イラストリアス (坂本真綾) 搭乗のエヴァ5号機が迎え撃つ。

続きを読む >>
銀幕の世界 | 00:37 | - | -
ディア・ドクター
 ディア・ドクター
 監督 : 西川美和
 出演 : 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子
 井川遥、香川照之、八千草薫
 松重豊、岩松了、笹野高史
 製作 : 2009年 上映時間 : 127分
  ストーリー
 夏の終わり、山間の小さな村から
 ただ1人の医師、伊野 (笑福亭鶴瓶)
 が失踪した。 刑事の波多野 (松重豊)
 と岡安 (岩松了) が捜査に当る。
 当初、伊野は田舎暮らしに嫌気がさして
村から去ったと思われていたが、道端に脱ぎ捨てられた
伊野の白衣が発見され、研修医の相馬 (瑛太) 達は必死に探し回る。
話は事件の2ヶ月前にさかのぼる。
伊野は小さな診療所で村中の老人を診察をし
連絡があれば夜中でも往診に駆けつけ
看護師の大竹 (余貴美子) と2人で村の患者を一手に引き受けていた。
最初は都会と違った生活に戸惑っていた相馬も伊野に心酔していく。
そんな或る日、未亡人の鳥飼かづ子 (八千草薫) が倒れてしまった。
かづ子は自分の体が重病に冒されている事に気づくが
東京で医師として働く三女・りつ子 (井川遥) に知られたくない為
一緒に嘘をついてほしいと伊野に頼む。
それを引き受けたばかりに伊野は次第に追い込まれていくことになり てんてん

続きを読む >>
銀幕の世界 | 11:07 | - | -
真夏のオリオン
 真夏のオリオン
 監督 : 篠原哲雄
 出演 : 玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦
 黄川田将也、太賀、平岡祐太、鈴木瑞穂
 吉田栄作、吹越満、益岡徹
 製作 : 2009年 上映時間 : 119分
  ストーリー
 教師を目指す倉木いずみ (北川景子)
 の元にアメリカから一通の手紙が届いた。
 その手紙には差出人の祖父の遺品が
 添えられており、それはいずみの
 祖母・有沢志津子が書いた物だった。
日本人の手で書かれた楽譜がなぜ米軍艦長の手元にあったのか?
話は64年前にさかのぼる。
1945年 (昭和20年) 8月、第二次世界大戦末期
日本海軍は米海軍の燃料補給路を断ち切る為、潜水艦隊を配備していた。
イ-77の艦長・倉木孝行 (玉木宏) はイ-81の艦長・有沢義彦 (堂珍嘉邦)
とは海軍兵学校からの親友であり
その妹・志津子 (北川景子/二役) と互いに想いを寄せ合う仲だった。
出動前、志津子は倉木の無事帰還を願って自作の楽譜を手渡した。
「真夏のオリオン」 と題された譜面には
倉木へのメッセージが書き添えられていた。
「オリオンよ、愛する人を導け。」
倉木たちはアメリカ海軍駆逐艦パーシバルを迎え撃つが
同駆逐艦は周到な知略で日本側の防衛ラインを切り崩してしまう。
続きを読む >>
銀幕の世界 | 23:44 | - | -
スター・トレック


スター・トレック
監督 : J・J・エイブラムス
出演 : クリス・パイン、 ザカリー・クイント、エリック・バナ、ゾーイ・サルダナ
カール・アーバン、ブルース・グリーンウッド、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ
製作 : 2009年 上映時間 : 126分
ストーリー
宇宙暦2233年、ネロ (エリック・バナ) の大型飛行体と争った
惑星連邦所属ケルヴィン号の船長代理となった
ジョージ・カーク (クリス・ヘムズワース) はネロの策略にはまり、命を落とす。
その最中、ジェームズ・T・カーク (クリス・パイン) が誕生する。
22年後、カークは宇宙艦隊の一員となり
年の訓練中にレナード・マッコイ (カール・アーバン) や
スポック (ザカリー・クイント) と出会う。
そしてUSSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが
船内でトラブルを起こしてしまう。
それが気に入らないスポックはカークを船から追い出そうとするが てんてん
続きを読む >>
銀幕の世界 | 23:56 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示