sakai | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
出演・雑誌・グッズ情報
CM


スカパー 〜堺議員誕生!!〜堺雅人が政治家に!!

のどごし〈生〉「10年ぶりの同窓会!」「同窓会はロマンだよ!」

TOYOTATOWN TVCM

ソフトバンクCMギャラリー

雑誌・グッズ

CREA「月記」連載中
 
「半沢直樹」グッズ 倍返し饅頭・キーホルダーほか数点
「半沢直樹」ディレクターズカット版DVD・Blu-ray-BOX

an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方
「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記
「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記
ノベライズ本「リーガルハイ 2ndシリーズ」 
「リーガルハイ」グッズ キューピー根付・おやじいぬシールほか数点
「リーガルハイ」完全版 DVD・Blu-ray-BOX
リーガルハイ・スペシャル2 DVD・Blu-ray-BOX
sakai | 14:08 | - | -
嫉妬の香り 第1話


 アロマテラピスト・高村ミノリ(本上まなみ)は
 結婚破棄された過去から同棲相手の作曲家・中原テツシ(堺雅人)
 との結婚に踏み切れない。
 そんな時、建築家・政野英二(寺脇康文)が企画する
 プロジェクトでテツシが作曲を担当する事になった。
 テツシと共に英二の事務所を訪れたミノリは彼に気に入られ
 同プロジェクトで香りの担当に抜擢される。
 しかし英二の妻で、広告代理店社長・早希(川原亜矢子)は
 ミノリに対してあらぬ想像を巡らせ嫉妬に身を焦がす。


嫉妬の香り は今から14年前にテレビ朝日系の深夜ドラマとして
放送され、6月9日からサンテレビで再放送中である。
7月15日 11:30〜12:20 CSテレ朝チャンネルで放送 嫉妬の香り #1
「嫉妬の香り」というタイトルに恥じぬドロドロ昼メロ風で
有り得ない偶然に踊らされ嫉妬しまくるドラマだった。
ミノリが仕事で英二とホテルの一室に入るところを早希に目撃されたり
ミノリが英二にアロマをこぼしたせいで
彼が新しいシャツを買って貰い忘れたカード控えをミノリが持っていて
見つけてくれ、とばかりにバッグから落ちてテツシが見つける。
何という偶然の積み重ねだろうかびっくり
第1話を見た限りではテツシと早希の2人が
妄想たくましく嫉妬してその姿は滑稽なほどだ。
嫉妬一直線、テーマを1つに絞った「嫉妬の香り」は潔さすら感じる。
突っ込みどころ満載のドラマだが、
見所は何とっても14年前の若き堺さんである。
その3年後に「新選組!」で山南敬助を演じる事になろうとは
とても思えないテンパリやすく落ち着きがないテツシだが、
荒削りな所が却って勢いを感じさせ魅力的だ。
sakai | 21:57 | - | -
関連ニュース 5/5

妊娠報告直筆メッセージ

菅野美穂、第一子妊娠!夫・堺雅人「ひとりの父として精進していく」

菅野美穂が第1子妊娠!堺雅人、今秋パパに

菅野美穂が第1子妊娠!堺雅人も喜び「おあずかり」

菅野美穂がついにおめでた、夫の堺雅人も大喜び

菅野美穂、結婚2年で第1子妊娠 堺雅人が今秋パパに

菅野美穂 今秋ママに!堺雅人と結婚2年待望第1子「静かに心の準備」
sakai | 08:12 | - | -
お口にチャック

 いつもブログを読んで頂きましてありがとうございます。
 堺さんのファンになってからは関連記事が
 ブログのほとんどを占めるようになりました。
 最近は Dr. 倫太郎 の感想を書いていましたが、
 このドラマにおいては2話を最後にしたいと思います。

 「豪華キャストですよ!豪華キャスト!ほらほら!
 これが見たかったんでしょう?ほら!ほらほらほら!」
 (リーガル・ハイ 黛の台詞風に)と言わんばかりの
 無駄に豪華なキャストの医療ドラマを土台に
 芸者がヒロインの恋愛ドラマをコーティングして
 見た目はやたら派手だが、
 開けてみれば中身はスカスカで心に響く物がないドラマに
 何ゆえ堺さんがびっくり 無駄使いも甚だしい…
 そう思っているため褒める事は出来ず、
 ついつい非難してしまいます。
 脚本家の中園ミホさんは ドラマ界から一切の漫画原作追放を‼︎
 と叫ばれ、ご自身のインタビューによれば
  脚本家転身のきっかけは“恋” と仰り、
 そう言えば聞こえは良いがストーカーまがいの行為を
 されていたせいで色眼鏡で見てしまい、そうする自分自身を恥じ
 公平な目で「Dr. 倫太郎」を見ようと思いましたが、
 やはり出来ませんでした。
 3話は脚本家が違っておりこれからも違う方が
 担当するかもしれませんが、180度転換はしないでしょう。
 それで2話を最後に感想を書く事を止めた次第です。

 「Dr. 倫太郎」を面白いと思われているファンの方は
 お読みになって気分を害されたと思います。
 誠に申し訳ありませんでした。
 「Dr. 倫太郎」について以後
 ブログのみ「お口にチャック」とさせて頂きます。
 これからは気を取り直して通常のブログ記事や
 真田丸 の記事を書いていく予定です。
 これに懲りずこれからもよろしくお願い致します。

sakai | 00:32 | - | -
Dr.倫太郎 第2話


Dr.倫太郎 1話の感想で脚本を暗に批判したが、中園ミホさんの
代表作である「花子とアン」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」
はじめとして何一つ見た事がない。
中園ミホさんはどのような脚本家なのか知らない癖に批判するのは
間違っていると思い、ドラマ通の友人に彼女の作品について尋ねた。
「20年くらい前はドロドロの不倫物ばかり書いていた人やわ。
本人も不倫して未婚の母やからそんなドラマが得意やねん。
そんな人が倫太郎の脚本を書くなんて意外やったわ。」
知らない方が良かった情報を友人は私に与えてくれて
中園ミホさんに対する印象は悪くなるばかり。
友人の情報を無視して調べてみたところ、
女性の本音を赤裸々に描いて高い評価を受けてきた方らしい。
もしかして男性が主人公のドラマの脚本は初めてなんだろうか。
それが「Dr.倫太郎」を見てもどかしく感じる理由かもしれない。
いや、脚本がいまひとつでも堺さんさえ良ければ満足していた。
「Dr.倫太郎」に満足出来ない理由は
堺さんの演技に迷いがある為ではないか。
名優の誉れ高い堺さんの演技についてお前如きが何を言うのか怒り
とお叱りを受けるのを承知で言う。
倫太郎のキャラクターが定まっていないせいか、
堺さんの演技には迷いがある。
患者の心に寄り添う心優しき精神科医と思えば
ちらほらと古美門が顔を出す。
どっちともつかずのキャラクター、それはやはり脚本の悪さに原因がある。

 ハートストーリー
 倫太郎(堺雅人)は研修医の福原(高橋一生)から
 対話精神療法のロールプレイングを依頼されるが、
 それは川上(高梨臨)に対する恋愛相談だった。
 その最中、「恋愛は一過性の精神疾患のようなもの」
 と言い夢乃のことを思い出す。
 ある日、倫太郎は円能寺(小日向文世)から
 最新作が酷評され精神不安定になっている
 有名作家の風間(辻萬長)を紹介される。
 料亭で風間と会っている最中、彼を長年支えてきた
 秘書のむつみ(堀内敬子)に対し「むつみにそっくりな別人だ」
 と言って暴れ出し、負傷して慧南病院へ運ばれる。
 宮川(長塚圭史)は風間の症状について妄想型統合失調症だと
 診断するが、倫太郎は宮川の診断に異論を唱え
 風間の話を聞きに行く。
 最新作の主人公はムササビに恋をする。
 ムササビはまだいるかと尋ねる倫太郎に
 風間は「今はもう見えない」と答える。
 一方、倫太郎は夢乃(蒼井優)からデートに誘われる。
 デートの最中にるり子(高畑淳子)から金の無心をされた
 夢乃は倫太郎に父親の手術に300万円が必要だと嘘をつく。
 倫太郎はお金は自分がなんとかするからと告げ、
 300万円を30回に分けてATMから振り込む。
 入院中、腹痛を訴えた風間の胃を調べたところ指輪が見つかる。
 風間の胃にある指輪はむつみにプレゼントした物だった。
 倫太郎は秘書のむつみ(堀内敬子)を呼び、
 むつみに風間の前で柿ピーナッツを食べるように促す。
 むつみがピーナツアレルギーと知っている風間は
 動揺し食べないように懇願する。
 風間は彼女が本物である事を分かっていた。
 風間にとってのムササビは15年間にわたり
 創作を支え続けてくれたむつみのことだった。


作家の風間が長年支えてくれた秘書のむつみをムササビに例えて
心密かに愛していたくだりは心温まる話で素敵だ。
しかし、倫太郎が病気の原因を探るため
風間やむつみと話し合う場面はあっさりと終わってしまった。
恋愛ドラマ、医療ドラマ、コメディ、
2つも3つも成り立たせるには無理がある。
倫太郎と夢乃の恋愛話は程々にして患者と対話する場面を増やせば
ドラマに厚みが出て面白くなると思う。
堺さんをはじめとして演技力ある素晴らしい俳優陣の見せ場が少なく
このままでは勿体ないことこの上ない。
sakai | 01:39 | - | -
Dr.倫太郎 第1話


「リーガルハイ」から1年半振りで堺さんの連続ドラマ Dr.倫太郎
が見れると分かった時は小躍りして喜んだが、
その役が精神科医だと知り少々落胆した。
鳴海先生や速水先生のように何故メスを持たないびっくり
堺さんは優しげな外見とは裏腹に
内面には激しい感情と鋭い感覚を持っていると思う。
ツイッターで或る方が狂気の堺さんが好きと仰っていたように
温和な役より激しさを秘めている役の方が魅力的だ。
ところがよりにもよって今回は精神科医の役とは。
デリケートな問題を抱える精神科を舞台にして
一歩間違えるとクレームになりかねない。
きちんと描けるのか?と危惧していたが、
患者が抱える病に対し表面的な対処法で終わってしまった。
「Dr.倫太郎」が現場(精神科)に一石投じる内容なら
もっと面白いドラマになったかもしれないが、
そのような冒険はしないだろう、端から視聴率狙いのドラマなんだから。
日テレが社運賭けたドラマに出る理由
脚本家が心の病を探求しない事を誤魔化すためなのか
無闇矢鱈に豪華なキャストに伏線だらけのこのドラマ、
2話以降どのようになっていくのか面白い展開を期待したい。

 ハートストーリー
 患者の話を丹念に聞き、傷ついた心に寄り添うことで
 病める心を解きほぐす精神科医、日野倫太郎。(堺雅人)
 ある日、行政府報道長官の池(石橋蓮司)の診療を終えた
 倫太郎はOLの阿川繭子(近藤春菜)が屋上から
 飛び降りようとしている現場に遭遇する。
 倫太郎に救われたことから彼の患者として関わっていくが、
 一度目の来院では心を閉ざして
 倫太郎から逃げるように去ってしまう。
 繭子の飛び降り自殺を止めた一件はニュースになりマスコミは
 慧南大学で教鞭を取っている倫太郎の元に押し寄せる。
 その夜に倫太郎は大学の理事長・円能寺(小日向文世)
 との会食で新橋の売れっ子芸者、夢乃(蒼井優)と出会う。
 この出会いが倫太郎の人生を狂わしていく。
 それから数日後、職場に復帰した繭子は同僚のいじめが
 切っ掛けで過呼吸で倒れ、救急車で運ばれる途中に
 彼女の希望により倫太郎の元に搬送される。
 繭子に氷を握らせ痛みを感じさせながら体温で溶けていくのと
 同じように痛みも去っていくと語る倫太郎。 
 「どうして嫌われたのか!?」と泣き出す繭子に
 いじめの原因は同僚の嫉妬だと語る。
 その後、倫太郎は満開の桜の下で夢乃と再開する。
 倫太郎は夢乃に声を掛けるが、無視して去っていく。
 呆然と立ちすくむ倫太郎……


倫太郎が患者に接する時の優しげな話し方に堺さんファンだったら
癒され魅了されるだろうけど、私は今ひとつ馴染めなかった。
精神科医にお目に掛かった事はないが、
あのように抑揚のない話し方をするんだろうか。
倫太郎の口調は一般的な精神科医のイメージを損なわないよう、
当たり障りのない所で手を打ったように思えてならない。
勿論、堺さんの演技は素晴らしい。
半沢直樹や古美門と倫太郎が同一人物とは…その演技の幅に驚嘆した。
問題は脚本と演出で、肝心のところで尻切れトンボ。
倫太郎は繭子が同僚にいじめられた動機は嫉妬だと告げる。
傷ついた繭子の心を倫太郎がどのように修復していくんだろうか?
と見ていたらその後はなかった。
いじめの原因が嫉妬だなんて私でも分かる。
心の病の治す重要な部分は避けたわけだ。
主要キャストと物語の枝葉を半分にしてでも患者の心の闇に向き合い
解決していく倫太郎の姿をじっくりと描いて欲しかった。
今まで散々文句を言ってきたが、そうではない所もある。
倫太郎は天敵・宮川教授(長塚圭史)によって椅子に縛られたまま
羊羹を食べる場面、その愚痴を先輩の荒木(遠藤憲一)に
叫ぶ姿は古美門を彷彿させ面白かった。
これからは医療コメディと思って見れば良いかもしれない。
sakai | 22:22 | - | -
Dr.倫太郎 関連記事


●【Dr.倫太郎】平成の視聴率俳優、堺雅人の気になる素顔

● 求められるのはこんな天才精神科医!『Dr.倫太郎』が今夜スタート

● 堺雅人:「Dr.倫太郎」で新境地“聞く芝居”

● 水曜の夜をにぎわす2人の“倫太郎”

● [Dr.倫太郎]堺雅人X水田伸生

●【Dr.倫太郎】堺雅人が柔和な語り口で癒やす 長塚圭史が敵役好演

● 堺雅人さん「Dr.倫太郎」

●「Dr.倫太郎」堺雅人の柔和な雰囲気が精神科医にマッチ

● 堺雅人の真骨頂、“抑制された演技”に注目!『Dr.倫太郎』スタート

●「Dr.倫太郎」は時代に求められている!?
sakai | 18:21 | - | -
山南忌


山南敬助 が亡くなって今年で150年になるが、
近年起こった新選組ブームで彼は全く注目されていなかった。
ところが2004年に放送された 新選組! で山南敬助は
一躍注目を浴びることになる。
当初はさほど重要な役でなかった山南に息を吹き込み、
魅了的な人物に仕上げたのは堺さんの功績にほかならない。
表向きは穏やかな微笑みをたたえながら内に強い信念を秘め
己の義を貫き切腹して果てた山南。
なんとも格好いいではないか。
その最期を迎えた山南敬助切腹の間で彼の死を弔いたいと思い
堺さんのファンになって3年目の今年初めて
山南忌(さんなんき)に参加した。



午前10時、山南が眠る光縁寺にお墓参り。
光縁寺は1613年(慶長18年)創建された浄土宗の寺で
知恩院の末寺にあたる。
山南家の家紋(丸に右離れ三ツ葉立葵)が寺紋と同じであった事から
山南と付き合いが始まったと伝えられている。



本堂に掲げられた誠の旗。



山南が脱走した一件だが、わざわざ書き置きを残し
追っ手を待つかのように壬生からさほど離れていない大津で
投宿して逃げ切れると考えていたのなら
理論的な彼にしては無思慮な行動で不可解だ。
山南は脱走していなかったという説もある。
「新選組始末記」によれば山南は西本願寺への屯所移転に反対し、
近藤に意見するものの受け入れられず、死をもって彼に抗議したという。
いずれにせよ理想家の山南は潔く自ら命を絶った。
山南の葬儀には隊士だけでなく
壬生界隈の人も多く参列し、その死を悼んだ。



墓参の後は旧前川邸で山南忌の受付を済ませる。
その時に驚いたのは参加人数を多さだった。
「新選組!」放送から10年以上経ち、山南忌は第9回を迎えるので
参加者は100名未満だと勝手に思い込んでいたけれど、
優に200名は超えていた。
そんな大勢だと焼香をするにも長時間掛かると覚悟して
山南敬助切腹の間(通常非公開)に向かったが、
そこに居たのはわずか数人だった。
その矛盾は「山南忌」記念行事に参加して解けることになる。



山南敬助切腹の間には丸に右離れ三ツ葉立葵の紋付と刀が飾られていた。
仏前で手を合わせ山南さんの冥福を祈った。



参加記念品は瓢箪型の箸置きだった。



午後1時から壬生寺会館で第9回「山南忌」記念行事が行われた。

● 黙祷 壬生寺貫主 松浦俊海 猊下

● 開会の挨拶 「山南忌」実行委員会会長 田野十二雄 

● 御来賓挨拶 釣洋一  栗塚旭

● 奉納舞 「黒髪」 島原 司太夫

● 天然理心流武術奉納 撥雲会

● 記念講演 元新人物往来社社長 大出俊幸氏「新選組ブームの渦中にて」

● 天然理心流武術奉納 試衛館

● 抽選会

● 閉会の挨拶 「山南忌」実行委員長 田野十一士


壬生寺会館へ入った途端に新選組の隊服、
浅葱色のだんだら羽織を着ている中高年の男性数名が目に入った。
この人達も堺さん(山南さん)のファンなんだろうか?
そうこうしている内に記念行事が始まり、
司会者の最初の一言で参加者多数の理由が分かった。
「今日は大出俊幸先生の講演が目的で大勢の方が参加されました。」
「山南忌」と冠していながら実際は新選組ファンの集いだったがーん
道理で記念行事前に山南の死を弔う人が少なかった訳だ。
山南忌は沖田総司忌、土方歳三忌と同様に新選組ファンイベントの
1つにしか過ぎず、一番の呼び物である大出俊幸氏の講演は
沖田総司の逸話が主で山南の話は微塵も出てこなかった。
いや、山南忌が始まったのは2007年であり、
切っ掛けは堺さん扮する山南の人気にあやかってに違いない。
最初は山南の話が主だったが、回を重ねる内に他の隊士の話題に
移ってしまったんだろうと自分自身を納得させて壬生寺会館を後にした。

新選組研究では第一人者である釣洋一氏の挨拶があり
そこで僅かながら山南の真実!?を話された。
釣氏は ゛やまなみさん ゛と言わず ゛さんなんさん ゛と仰る。
釣氏が全国の電話帳を調べたところ、
名字で ゛やまなみ ゛は全くなく゛さんなん ゛のみ。
山南の出身地である仙台を調べても゛やまなみ ゛はなかった。
山南敬助の呼び方だが、正しくはさんなんけいすけと言う。
sakai | 16:36 | - | -
関連ニュース 3/3

Dr.倫太郎 公式HP

堺雅人「Dr.倫太郎」蒼井優がナンバーワン芸者、
吉瀬美智子が幼なじみの美人外科医に!


堺雅人主演ドラマ、蒼井優&吉瀬美智子ら豪華追加キャスト発表

蒼井優“芸者”役で堺雅人を翻ろう 新水10ドラマ豪華キャストが発表

堺雅人 : 今度は“聞き役”? 精神科医役で悩む

蒼井優 : 新橋の芸者役で堺雅人と“本気の恋”

堺雅人興奮!蒼井優、吉瀬美智子ら追加キャスト発表

堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』追加キャスト発表!恋の相手に蒼井優決

堺雅人、“恋のお相手”は蒼井優&吉瀬美智子? ドラマ「Dr.倫太郎」

堺雅人、新ドラマ「Dr.倫太郎」ヒロインは蒼井優、吉瀬美智子

sakai | 08:36 | - | -
関連ニュース 1/29


堺雅人、約1年半ぶり連ドラ主演!『ドクターX』中園ミホ氏とタッグ

堺雅人、今度はスーパードクター!「失敗しない」脚本家中園ミホ氏が描く

堺雅人:「ドクターX」脚本家と協力タッグでスーパー精神科医に

日本テレビ4月ドラマ主演に堺雅人が決定!

堺雅人、天才精神科医に!日テレ連ドラ初主演で
「花子とアン」脚本家とタッグ


堺雅人、天才精神科医で日テレ連ドラ初主演『花子とアン』脚本家とタッグ
sakai | 08:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

拡大地図を表示